PROFILE

アートディレクター / デザイナー 西岡範敏

Art Director / Designer Noritoshi Nishioka

西岡ペンシル代表。金沢美術工芸大学商業デザイン科視覚デザイン専攻卒。株式会社電通にて数々の広告キャンペーンを手がけた後、2006年株式会社 西岡ペンシルを設立。企業の広告やキャンペーン、ブランディング、ロゴデザインからテキスタイルデザインまで様々な分野で仕事をする。

主な仕事に、「Welcome! ほじょ犬」ロゴマーク、資生堂ザ・ギンザ「GINZA心粋COLLECTION」キュレーション, 細見美術館琳派コラボレーション「RIMPOO」、docomo「どこも、同じですか?ドコモは、違います。」、私立恵比寿中学「穴空」など。鳥瞰図師の祖父、京友禅悉皆屋の家に生まれたルーツを持ち、和様の美から受ける刺激・素養をグラフィックデザインやアートの思想に通じるものとして活かしてきた。文様を単なる柄や装飾と捉えるのではなく「時代や場に応じて複雑な意味の広がりを投影できる優れたアートプラットフォームとしての文様」に目覚め、独自の文様の制作を開始、2014年にはパリと東京で2つの「ニュー・文様」展を開催し、大きな注目を集める。

Directeur artistique pour l’ agence de publicité Dentsu de Tokyo, Nishioka Pencil (né en 1970), crée son propre studio de design en 2006. Son grand père Shikkaiya, artisan d’ art de la région de Kyoto, coordonnait tous les corps de métiers nécessaires à la fabrication d’ un kimono. Influencé par son travail, il imagine des motifs originaux à ess ence moderne, destinés à l’ impression sur divers supports. Sa source d’ inspiration sont autant les éléments de la nature (comme les cristaux de neige ou la graine de tournesol), l’ univers des mangas des années 70, que les nombreux croquis d’ Hokusai (série Hokusai Manga). Traitant ses sujets en allant au delà de ses influences comme de son histoire, Pencil métamorphose le motif en lui donnant son sens propre à travers notre époque. “Les MOTIFS évoluent, captent et reflètent l’essence de l’époque. Ils ont ensuite leur propre vie au-delà des mains de l’homme qui les a conçus.”  – Nishioka Pencil

Advertising / Art Direction / Design : IPSA Branding 2008~2012, AC 公共広告機構「新・東京水族館」, NHKスペシャル「東北 夏祭り ~鎮魂と絆と~」,  Elly & Oby「KIMONO NEW LOOK」, オンワード樫山「CHIPIE」, 河童のクゥと夏休み製作委員会「河童のクゥと夏休み」, 金沢美術工芸大学「60周年記念展 EYE Vol.2」, KAPUKI, 厚生労働省「Welcome! ほじょ犬」, KONAMI「メタルギアソリッド4」, SUNTORY「MD ゴールデンドライ」「燃焼系アミノ式」,  静岡県「チェンジ伊豆2000!」, 小学館「ルネサンス美術館」, 新世界スーパーマーケット, スカパー!「ね!はいってる?」「たっぷり!どっぷり!」, Sony Computer Entertainment「PlayStation®Store」, Sony Music Entertainment「MUSIC OF ATOM」,  タイ国際航空 Thai Airways International「タイって、いい奴!」「Global Network」, DAIHATSU「くらしの真ん中で、クルマを考える。」,  電通「DENTSU FORUM」「阪神淡路地震追悼 A Giant Candle」, TOHO CINEMAS「Reborn.」, docomo「どこも、同じですか?ドコモは、違います。」 , TOYOTA「カローラ フィールダー」「カローラ ルミオン」「プチトヨタ Passo」, NIKKEI 日経電子版「田中電子版」, 日本航空 JAL「旅してくれて、ありがとう。」, 日本動物園水族館協会「どうぶつえん と すいぞくかん」, 日本新聞協会「www.SHINBUNKOUKOKU- nante-imadoki-kikuno-darouka.com」, 森ビル「Akasaka Tower of Residence」, 菱屋カレンブロッソ, FAR EAST COMPANY / SAZABY LEAGUE「ANAYI」, FUJI XEROX「 Speed to the NEXT」「Open Office」, フジテレビ「移転賛成 / 移転反対」「CX-CITY ODAIBA」「夏の恋は虹色に輝く」, 文化屋雑貨店 金沢, 読売新聞「LOVE TODAY」「読む、声援。アテネ / トリノオリンピック」, ラゾーナ川崎プラザ, ワコール Wacoal「人間科学研究所」 Logotype / Pictogram : 関西国際空港 Kansai International Airport「24 時間、こころ動かす空港 KIX」, KAPUKI, 厚生労働省「Welcome! ほじょ犬」,  KDDI「KDDI ECO!」 CD / LP / DVD : 河童のクゥと夏休み 製作委員会「河童のクゥと夏休み Original Sound Track」, Sony Pictires Entertainment「アストロボーイ・鉄腕アトム」, Sony Music Entertainment「CHARA – 光と私」「平井 堅 – 思いが重なるその前に・・・」「私立恵比寿中学 – スーパーヒーロー / 穴空 / まっすぐ」,  Dub Restaurant Communication「MENU VOL.2」「Tar-Tar – Tar-Tar」, Teichiku Entertainment「和田アキ子–ゴールデンタイム」, Victor Entertainment「V.A. – DELUX VOL.1 E.P. – New Phase of Electronic Foundation – 」, M.O.O.D.「WHY SHEEP – Sampling Concerto No.1 “The Vanishing Sun” Op.138」「Slug Pharmacy- Chougou / Pilchard」, Warner Music Japan「花鳥風月集」 Character : 静岡県「イズノスケ」, ラゾーナ川崎プラザ「ラゾーナ総理大臣 ナゾーラ」 Curation : 資生堂ザ・ギンザ SHISEIDO THE GINZA「GINZA心粋COLLECTION」「一点展」 Exhibition : 「金沢美術工芸大学60周年記念展 EYE Vol.2」- 金沢21世紀美術館,「POWER of DESIGN グラフィック&パッケージ展」- 有楽町朝日ギャラリー, 「へんで、いいよ。」- KANZAN, 「Here is ZINE tokyo Curated by Enlightenment」- TOKYO CULTUART by BEAMS, 「NIPPON ZINE展」- Swatch Group Japan Cité du Temps Ginza, 「六箔五日」展 – LION BUILDING,「 NEW MONYO = nouveaux MOTIF graphiques」- Paris, GALERIE MIRROR, 「ニュー・文様」-GALLERY SPEAK FOR, 「文様あらも~ど」- GALLERY SPEAK FOR, 「文様、楽園へ。」- GALLERY SPEAK FOR, 「金沢ブランド大解剖展」- LION BUILDING Awards : グッドデザイン賞, 日経広告賞, 新聞広告賞, 雑誌広告賞, 消費者のためになった広告コンクール, JR東日本ポスターグランプリ, 世界ポスタートリエンナーレトヤマ, Art Directors Club Awards, New York Festivals Advertising Awards, London International Awards,  Ad Spot Award, Cannes Lions International Advertising Awards, キャノン写真新世紀第3回佳作ほか受賞