西岡ペンシル 文字と文様

~「あ」より「あい」~

会期 : 2019年6月28日(金)~ 7月7日(日)
会場 : AL(東京都渋谷区恵比寿南3-7-17)MAP
開館時間 : 12:00~19:00 最終日のみ~18:00 無休
ギャラリートーク開催 : 2019年6月28日(金)18:30~19:00
解説=西岡ペンシル 聞き手=岡田佐知子(装苑)
協賛 : トーン・アップ / 協力 : GMUND、竹尾
nishiokapencil.co.jp

 

〈以下、リリースより〉

このたび東京・恵比寿の「AL」におきまして、
アートディレクター 西岡ペンシル氏による個展
文字と文様 ~「あ」より「あい」~
を開催いたします。

カラフルな紙の衣装が印象的な「LUMINE THE BARGAIN」のグラフィック & 動画、
和様 × ポップなパターンが効いた私立恵比寿中学のアートワークなどで注目を集める、西岡ペンシル氏。
数多くの広告や、ロゴマークの制作で知られる彼は、京友禅悉皆屋の家に生まれたルーツを持ち、
和様の美から受ける刺激をグラフィックデザインや、アートへ積極的に活かしています。
独自に創作した文様を定期的に個展で発表するなど、
ユニークなコンセプトを背骨とする表現活動でファンを連鎖的に増やしてきました。

本展は、西岡氏にとって約3年ぶりとなる個展です。
タイトルの通り、今回はこれまでも制作し続けてきた文様作品だけでなく
「文字」の深さに着目し文字と文様を融合させた表現を試みます。
そもそも文字は単なる記号ではなく何かを伝えるための感情が常に宿っているもの。
一方で文様も、意匠を超えて多様な含意を昇華させたアートになりうることは、
これまでも彼が創作を通してアピールしてきた通りで
「文字と文様を構築することで、ある種のリリシズムを作り出すことができれば」と西岡氏は語ります。

本展で紹介される文字の作品はどれも、西岡氏オリジナルの「オルタナかな」によるもので、
叙情性をともなった柔らかさを表現しています。
木のブロックにひらがなを彫り、活字のように入れ替えることで生まれる文字作品は、ほとんどが新作や、未公開作ばかり。その他、
文様を和紙にプリントしたアートワークや、ドローイングなど大小30点あまりを展示・販売いたします。
また、装苑 × LUMINEによる「LUMINE THE BARGAIN」のために制作した紙の衣装や、私立恵比寿中学の関連ビジュアルも展示する他、
オリジナルデザインのハンカチ、浴衣など雑貨も多数販売いたします。

西岡ペンシル(アートディレクター)
1970年、京都市生まれ。金沢美術工芸大学卒業後、
電通勤務を経て西岡ペンシルを設立。
「Welcome! ほじょ犬」ロゴマークのデザインや、
「LUMINE THE BARGAIN」の広告(’18、’19)、
「私立恵比寿中学 ファミえん ’18」の衣装アートワークなど、幅広い分野で活動している。
近年の個展に「文様、楽園へ。」(GALLERY SPEAK FOR、’16)がある。

01 あい / 02 木活字版 / 03 装苑 “アイドルを可視化する” 安本彩花、中山莉子(私立恵比寿中学)/ 04 LUMINE THE BARGAIN 2019 / 05 あなたとわたし

All motifs by Nishioka Pencil, 2019